岩崎神社【福岡】石投げ相撲と、すごく大きな狛犬様がいらっしゃる岩崎神社

岩崎神社(福岡)御朱印 福岡県の神社御朱印
スポンサーリンク

九州御朱印巡り 今回は福岡御朱印巡りで、福岡県糟屋郡志免町に鎮座する岩崎神社(いわさきじんじゃ)さんに、お詣りをして御朱印を拝受して来ました。悪疫退散のために万年願をかけてお祈りし、悪疫も治まり、大行司様への感謝から相撲三三番を、奉納するのが起源の石投げ相撲で知られる神社です。今日で247社目です。

 

鳥居

岩崎神社(福岡)鳥居

今回 子供が福岡に就職するため、福岡にいくことになったため 御朱印巡りをして来ました。今日から 「子供が福岡県人になりました編」の第一弾です。福岡に行くことになり ざっと御朱印が拝受できる神社仏閣を調べたのですが、500社ちょっとありました。ハッ∑(゚ロ゚〃)スゴイ

私は普段というか コロナ以前は 県外にも行くのですが、高速道路は使用しません。とても、便利で早い時間で到着できるのですが、高速道路が怖いので 使えないという方が正しいです(-_-;) ですが、今回福岡まで行くにあたって どうしても高速道路を使わないといけない状況で、仕方なく高速道路で行くことにしました。この決断がのちのち ものすごい絶不調に導くことになります・・・

ということで、実は 福岡には数年前に来たことがあり 数社は御朱印を拝受しました。当時 写真は一切撮っていないので また、機会があれば お詣りをして写真を撮って来たいと思います。で、まずは 1社目です。なんとなく 立ち寄りお詣りをした岩崎神社さんです。石造りの立派な鳥居です。

 

狛犬

岩崎神社(福岡)狛犬

鳥居の近くにある 狛犬様です。大きさがわかりやすいように お茶と一緒に写真を撮らせていただきました。大きさわかっていただけたでしょうか・・・こんなに大きな狛犬様は、初めてです。

 

手水舎

岩崎神社(福岡)手水舎

手水舎です。

 

社殿

岩崎神社(福岡)社殿

社殿です。

由緒

明治5年(1872年)村社に定められる。

昭和4年(1929年)郷社に昇格される。

神饌幣帛料供進を指定される

昭和54年(1979年)郷社昇格50周年を奉祝す。

看板より

 

社務所

岩崎神社(福岡)社務所

社務所です。こちらで 御朱印はいただきました。が、普段は社務所は開いていないようです。毎月1日、15日の(9:00~12:00)には 世話人の方がいらっしゃり対応してくださるみたいです。たまたま 15日の午前中にお詣りしたので 拝受できました。

 

御朱印

岩崎神社(福岡)御朱印

私が お詣りした時に 境内内に人がいらっしゃり 御朱印を尋ねたところ 神主さんらしき方を呼んでいただき 書置きならということで 書置きの御朱印を拝受しました。

 

絵馬堂

岩崎神社(福岡)絵馬堂

社務所のすぐ横にある 絵馬堂です。

志免町指定文化財(有形民俗文化財)

「黒田二十四騎図」絵馬(岩崎神社)

絵馬堂の正面奥に掛けられています。

画面は杉板二枚を縦に継いでおり、縦123.5センチ、横72.4センチの大きさです。枠は横7.4センチ、縦は7.7センチの幅があり、厚みは4.2センチです。

枠は墨塗りで、上に「奉献」、向かって右に「安政三丙辰年丁場連中」、向かって左に「六月吉祥日」とあり、画面下の枠に「善次」など全部で21名の名を刻んでいます。(安政三年:1856年)

絵の主題はいわゆる墨田二十四騎図で、黒田長政の用いた水牛脇立兜を中心に、その両脇に黒田家の旗(中白の長の)と馬旗(吹貫)を描き、その下に家臣24名を配しています。

本図は「丁場連中」と称する人々による奉納で、その名を具体的に書き上げることが注目されます。

平成13年12月5日に町指定。

看板より

 

岩崎神社(福岡)牛

牛様です。

 

境内

岩崎神社(福岡)境内

世話人の方が管理されており 境内はとてもきれいに整えられていました。

 

石投げ相撲

この起源についてははっきりしないが、江戸時代も末のころ、志免村(旧)に牛馬の悪疾が流行し、次から次と倒れていった。特別に手当に詳しい者がいるわけではないし、薬もないまま恐れおののいていた村人は、施すすべもなく、神の御加護を祈るほかはなかった。
村民はこぞって、牛馬の神として知られていた大行司様の前にぬかずき、悪疫退散のために万年願をかけてお祈りした。その効たちまちあらわれて、さしも猛威をふるった悪疫も治まり、悪夢からさめたような村人たちは、大行司様への感謝の念にたえず、祈願の日、九月一日に若者たちの相撲三三番を、奉納することにしたのが始まりである。

明治初年には類は類をよんで、相撲愛好の若者が、広く郡内外から参加するようになり、一かどの草相撲力士も加わるようになって、年ごとに盛大になっていった。その経費は初めのころ、牛馬の持主から切って集めていたが、大正八年ごろからは志免農区内の青年会が勧進元をつとめ、経費一切農区負担とするようになった。
このころから奉納相撲の意義がだんだんうすれ、勝負に一喜一憂してこだわり過ぎるようになり、あげくの果ては、熱狂のあまり石を投げ合うほどの気の入れようとなった。誰言うとなく「石投げ相撲」の異名が生まれて郡内外に広まり、一時はその名と共に有名になったが、やがて須恵から専任行司(野田)を迎え、その威儀を正した行司ぶりに感化されて、礼を重んずる相僕本来の姿を取りもどして、秩序あるものになっていった。
戦時下では郡外からの力士はだんだん滅っていったが、体育奨励の意味もあって、近年郡内町村別対抗の復活、町内地区青年対抗、子ども相僕、赤ちゃん土俵入りなど、初秋の一日を楽しむ行事として定着してきた。

志免町ホームページより

 

神社情報

岩崎神社(いわさきじんじゃ)

福岡県糟屋郡志免町志免4-4

御祭神

海津見命(わたつみのみこと) 海の神

玉依姫命(たまよりひめのみこと)綿津見の女・神武天皇の御母

伊弉諾命(いざなぎのみこと)国生の神・国固めの神

筒男命(つつのをのみこと)航海守護の神・和歌の神

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)軍「戦」の神・八幡宮の神

例祭日  10月16日

駐車場  あり

 

正確に言うと神社だけで1000社です

今日で 247社目の

御朱印をいただきました。

残り 753社目です。

 

 

福岡県の御朱印が拝受できる神社

福岡県の御朱印がもらえるお寺
福岡県内の御朱印が拝受できるお寺の御朱印を紹介しています。他にも 御朱印帳やお守り、駐車場などいろいろな情報も 紹介しています。2021年8月現在3社です。
タイトルとURLをコピーしました