倉岡神社【宮崎】薩摩藩祖島津忠久が創建したのに始まると伝えています。

倉岡神社(宮崎)御朱印 宮崎県の神社御朱印
スポンサーリンク

九州御朱印巡り 宮崎御朱印巡りで、宮崎県宮崎市に鎮座する倉岡神社(くらおかじんじゃ)に、お詣りをして御朱印を拝受して来ました。稲荷大明神・天満自在天神・白山妙理大権現三社を合祀、さらに図師大明神・若宮八幡・池王大明神・熊野三所大鳥尾権現・大将軍神社・厳島大明神を合祀して倉岡神社と改称した神社さんです。今日で、439社目です。

 

鳥居

倉岡神社(宮崎)鳥居

鳥居です。境内から 少し離れたところにあります。

 

倉岡神社(宮崎)参道

1つ目の鳥居から 真っ直ぐ進むと 2つ目の鳥居があります。

 

手水舎

倉岡神社(宮崎)手水舎

手水舎です。

 

倉岡神社(宮崎)夏越祭

夏越祭の時期だったので 茅の輪が設置してありました。

祖父が居た子供の頃 実家の敷地内に祖父個人の小さな神社がありまして、年に数回、お祓いをしてもらっていました。夏越祭の時は、茅の輪も設置してありまして、上の方に細いロープがかけてあり、人型の形に切り抜いた和紙が かけてあり、人数分割り当てられ 茅の輪をくぐる時に 息を吹きかけて通り(自分の悪い者?を移す感じ?で)その人型を後日、祖父が お祓いしてくれていました。(懐かしい・・・)

 

狛犬

倉岡神社(宮崎)狛犬

狛犬様です。

 

社殿

倉岡神社(宮崎)社殿

社殿です。

由緒

薩摩藩祖島津忠久が、「図師大明神」として花見村城ヶ峯に、旧倉岡郷の総廟として創建したのに始まると伝える。天和三年(1683)五月再興、寛政十一年(1799)十二月には、島津斉宣により再興されている。薩藩支配時代には島津直轄領だったためもあって、厚い崇敬を受け、毎年祭典料として米四斗九升を寄進され、神殿修繕の場合は、入費の半額を下付されていた。現在の社殿は昭和三十四年十月に改築されたものである。
明治四年三月、稲荷大明神・天満自在天神・白山妙理大権現三社を合祀、さらに図師大明神・若宮八幡・池王大明神・熊野三所大鳥尾権現・大将軍神社・厳島大明神を合祀して倉岡神社と改称した。
○明治六年 現在地に遷座
○明治三十七年十二月 愛宕神社を合祀
○明治三十九年四月 郷社に指定され、神饌幣帛料供進神社に指定

宮崎神社庁ホームページより

 

御朱印

倉岡神社(宮崎)御朱印

御朱印です。御朱印は、社殿に神主さんの連絡先が 掲載されているので、事前に連絡をして拝受されてください。

神主さんと 少しお話しさせていただきました。写真撮影、ブログ掲載の許可もいただきました。ありがとうございました。とても 優しい神主さんです。

 

境内

倉岡神社(宮崎)境内

境内は 清らかな風が吹いて気持ちよかったです。

 

駐車場

倉岡神社(宮崎)駐車場

駐車場は、2つ目の鳥居を正面に見て 左側にあります。広いので停めやすいと思います。

 

 

神社情報

倉岡神社(くらおかじんじゃ)

宮崎県宮崎市大字糸原3295

御祭神

伊邪那美命(いざなみのみこと
事代主命(ことしろぬしのみこと)
神功皇后(じんぐうこうごう)
天満自在天神(てんまんじざいてんじん)
倉稲魂命(うかのみたまみこと
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
火産霊命(ほむすびのみこと)

例祭日:11月13日

 

 

正確に言うと神社だけで1000社です

今日で 439社目の

御朱印をいただきました。

残り 561社です。

 

 

宮崎県の御朱印が拝受できる神社

宮崎県の御朱印がもらえる神社
宮崎御朱印巡りをして、御朱印が拝受できる神社を紹介しています。他にも 限定御朱印、御朱印帳やお守り、御神水、駐車場などいろいろな情報も 紹介しています。2021年10月現在90社です。

宮崎県の御朱印が拝受できる寺社

宮崎県の御朱印がもらえるお寺
宮崎県内の御朱印が拝受できるお寺の御朱印を紹介しています。他にも 御朱印帳やお守り、駐車場などいろいろな情報も 紹介しています。2021年10月現在6社です。

宮崎ご当地グルメ

宮崎ご当地グルメ
御朱印巡りの途中で 出会った ご当地グルメです。B級グルメ的なものや、スイーツ、うどんなど紹介しています。

 

タイトルとURLをコピーしました