神門神社【宮崎】百済の禎嘉王を合祀している

神門神社(宮崎)御朱印 宮崎県
スポンサーリンク

今回は宮崎御朱印巡りで、宮崎県東臼杵郡美郷町に鎮座する神門神社(みかどじんじゃ)さんに、お詣りをして御朱印を拝受して来ました。2021年度のキキタビから参加していて西の正倉院で、御朱印を拝受できる神社さんです。今日で294社目です。

 

鳥居

神門神社(宮崎)鳥居

この神門神社さん2年前まら ずっとお詣りしたい神社さんの一社で、タイミングが合わず今回やっとお詣りすることができました。この日 朝早く目が覚めて 2時くらいふと お詣りしようと 思い立ち 真っ暗な中家を出ました。たぶん4時過ぎくらいだったと思います。

遠出で出かける時には ある程度下調べをして出かけるのですが、この日は当日思い立ったので 最低限のことしか知らない状況で出かけました。それを後で悔やむの事になります。途中までは 順調に来ていて 通行止めになっていて ナビの言うとおりに行かず 自分を信じた道がすごい山の中の道で 1時間以上 形態の電波も入らない状況で彷徨いやっと 到着しました。(駐車場に着いた時は 泣きそうだった)

でも、なんだかんだしながら 最終的に到着できたので 問題なしです。

※ 山の中など 遠出する時には ある程度は調べてから 行きましょう。

 

狛犬

神門神社(宮崎)狛犬

狛犬様です。頭が 小さい(羨ましい)です。

 

手水舎

神門神社(宮崎)手水舎

手水舎です。

 

神門神社(宮崎)参道

階段を上がり 社殿へ向かいます。

 

社殿

神門神社(宮崎)社殿

社殿です。

由緒

当社はもと神門(三門)大明神と称し、養老二年の創建と伝える。特殊な神として百済の禎嘉王を合祀している。社殿によれば、天平勝宝八年(756)百済大乱により禎嘉王一族日本に逃れ、二年後美々津金ヶ浜に上陸し神門に留り澄んだが、追討軍があり次王子華智王は東郷町伊佐賀にて戦死(伊佐賀神社合祀)、禎嘉王は矢傷が元で崩じ塚原に葬り当社に合祀したとある。なお、妃は高鍋町鴨野大年神社に合祀、王子福智王は木城町比木神社に合祀している。明治四年田爪若宮八幡神社、落原地主神社、仮屋愛宕神社、黒岩天満神社を合祀し、神門神社と改称、翌五年郷社に列せられた。さらに大正二年には境内三社を合祀した。
宝物として禎嘉王が持って来たといわれる須恵器の甕や有馬公寄進の甕の他、古鏡三十三面、板絵著色観音菩薩御正体、馬鐸、馬鈴等を有している。中でも古鏡三十三面は、漢・隋・唐式鏡から平安以降各時代の鑑鏡で、すべて出土の痕跡のない伝世鏡として、応永八年(1401)神門大明神社御正体として描かれた板絵著色観音菩薩御正体とともに、県の有形文化財に指定されている。
当社の特殊神事に師走祭りがある。王の眠る神門に王子や王妃らが訪れ、年に一回の対面をして親しみ合うもので、旧十二月十四日より九泊十日で行われていたが、現在は二泊三日の行程になっている。伊佐賀神社で比木神社を出迎え出合神楽を奉納、その後禎嘉王の御陵である塚原を三周し、神門に到着。当社鳥居前に至り祭典・神楽奉納をし、本殿に両祭神奉鎮する。翌日、御衣替えののち、禎嘉王を助け協力した土地豪族どん太郎の森塚(県指定文化財)に行き、将軍舞、山宮社で田植え神楽を奉納し、小丸川では野焼きとお洗濯の神事がある。夜は夜半過ぎまで高鍋神楽が奉納される。最後の朝は、古式の食事をし、別れを惜しんで墨(現在は白粉)を顔につけ合い御還幸となる。見送りの人等は炊事用具を持ち「オサラバー」と見えなくなるまで見送る。比木神社が神門に着くのを「上りまし」帰るのを「下りまし」という。
その他、十月十七日の例大祭には臼太鼓踊りが奉納される。

○神門神社本殿(国指定重要文化財:平成12年12月4日指定)
棟札より寬文元年(1661)の建立と考えられ、自然石の礎上に建つ、宮崎県内唯一の七間社流造で、平面は身舎のうち桁行五間・梁間二間を板敷の内陣とする。屋根は厚板葺目板打で、正面・背面とも段違いとする。
簡素で装飾の少ない流造であるが、類例の少ない平面形状に特色がある。本殿各部の形式や意匠は、一部変更はあるが旧規が明らかである。
中世的な技法や要素を残しながら、近世の手法も備えたところに特徴があり、九州南部に於ける本殿建築の発展を知る上で重要である。

宮崎神社庁ホームページより

 

案内書

神門神社(宮崎)西の正倉院

神門神社の境内というか 同じ敷地内にある 案内所です。こちらで御朱印は拝受できます。

西の正倉院には、百済王族の遺品や、学術的にも貴重な国宝級の宝物が展示されています。

私は 今回時間と精神的な余裕がなく 見学しなかったので 御朱印だけ拝受しました。次回、時間と精神的な余裕を持って 見学したいと思います。(コロナが落ち着いたら)

 

展示物御案内

神門神社(宮崎)

西の正倉院と、百済の館の展示内容です。唐花六花鏡(とうかろっかきょう)などが展示されているようです。

 

御朱印

神門神社(宮崎)御朱印

御朱印です。書置きの御朱印ですr。

 

駐車場

神門神社(宮崎)駐車場

西の正倉院側にある 駐車場です。6月にお詣りしたのですが、マスクをしていて 目の部分に蚊が集中攻撃をしてくるので 虫よけスプレーか 蚊に刺される前に常に動けるようにしていた方がいいと 思います。(本当にすごいよ)

 

神社情報

神門神社(みかどじんじゃ)

宮崎県東臼杵郡美郷町南郷区神門68・69-2

御祭神

大山祇命(おおやまつみのみこと)
品陀和気命(ほんだわけのみこと)
伊弉冉命(いざなみのみこと)
速玉男命(はやたまおのみこと)
事解男命(ことさかおのみこと)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
禎嘉王(ていかおう)

例祭日  10月17日

 

正確に言うと神社だけで1000社です

今日で 294社目の

御朱印をいただきました。

残り 706社目です。

 

宮崎県の御朱印が拝受できる神社

宮崎県の御朱印がもらえる神社
宮崎御朱印巡りをして、御朱印が拝受できる神社を紹介しています。他にも 限定御朱印、御朱印帳やお守り、御神水、駐車場などいろいろな情報も 紹介しています。2021年10月現在90社です。

宮崎県の御朱印が拝受できる寺社

宮崎県の御朱印がもらえるお寺
宮崎県内の御朱印が拝受できるお寺の御朱印を紹介しています。他にも 御朱印帳やお守り、駐車場などいろいろな情報も 紹介しています。2021年10月現在6社です。

宮崎ご当地グルメ

宮崎ご当地グルメ
御朱印巡りの途中で 出会った ご当地グルメです。B級グルメ的なものや、スイーツ、うどんなど紹介しています。

 

タイトルとURLをコピーしました